ハイペリオンの憂鬱

競馬や映画や小説について書こうと思います

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016)

ベン・アフレックの弟・ケイシー・アフレック主演、監督と脚本はマーティン・スコセッシ監督のギャング・オブ・ニューヨークで脚本を書いたケネス・ロナーガン。制作でマット・デイモンも関わってます。

第89回アカデミー賞ケイシー・アフレック

主演男優賞を受賞、ケネス・ロナーガン脚本賞を受賞しています。

 

間違えやすいですけどこれアメリカの話です。どうやらアメリカにはマンチェスター・バイ・ザ・シーという名前の土地があるそうで。(最初ボストンから国境超えてマンチェスターまで行ってるかと思ってました。ボストンからマンチェスターまで1時間半で行けるんかってびっくりしたり)

 

この映画は基本的に過去のことを回想しながら進んでいきます。ケイシー演じるリーが過去を回想します。

現在のケイシーは暗く、真面目ですが悪態をつく。あまり人と関わろうともしません。

けれど彼にも明るい時代がありました。甥っ子のパトリックと兄と釣りに出かけたり、仲間たちと夜中まで騒いだり。

現在のリーは仕事が終わると1人でバーで飲み、家に帰ると暗い部屋でフットボールやバスケットの試合を見る毎日です。

ある時、リーの元に兄の訃報が届きます。そしてリーは兄の元へ駆けつけるためにマンチェスター・バイ・ザ・シーへ戻り、兄の遺言で自分が甥っ子のパトリックの後見人に選ばれていたことを知ります。

 

甥っ子のパトリックは16歳の少年で非常に乾いたように見えました。けれど父を冷凍しなければならないことでパニックに陥ったり、同時に二股をかけたりリーに対してわがままを言ったり悪態をついたりします。

リーは因縁のあるマンチェスター・バイ・ザ・シーに戻ったことでその因縁に連なる人々と出会うことで過去とぶつかることになります。

 

現在と過去を振り返りながらこうしたエピソードが繰り返され、ストーリーは進みます。少し寂しげで厳かな雰囲気の音楽が流れることでリーとマンチェスター・バイ・ザ・シーという空間の持つ関係性が少しずつ強調されていき、リーが経験したある事件の回想が始まります。

 

この映画の一番良いところは静けさにあると思います。その静けさの中で過去を乗り越えられなかったリーと、これからその過去と向き合わなければならないパトリックは対称的に描かれているように感じました。

映像の中で何度も映される真冬の海のような、そんな映画です。もちろん冬はやがて春になり、この映画も春を迎えて幕を閉じます。